A goal without a plan is just a wish.

ー 計画のない目標は、願望にすぎない。

これは、世界的なロングセラー『星の王子さま』の著者である、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの言葉です。

みなさんは、目標を掲げていますか?受験生は当然志望校合格という目標を掲げているでしょう。
では、その目標に対する計画はありますか? いつまでになにをどこまでやるのか決まっていますか?

決まっていないのであれば、あなたの目標は単なる願望です。

想像してみてください。
最近ランニングを始めたばかりの人が、「42.195kmを2時間台で走ることが目標」と言っています。彼はランニングシューズとウェアを持っていますが、週に1回30分程度走ることしかしません。彼の目標は達成されると思いますか?

本気で2時間台を目指すのであれば、まずは42.195kmを走りきれるだけの体力が必要でしょう。そのためには、少なくても週4〜5回トレーニングする必要があるでしょう。そして、十分に体力がついてきた段階で、2時間台で走るためのスピードが必要になるでしょう。

私ならば、まず目標に期限を設けます。マラソンであれば、来年の2月の東京マラソンを目指すでしょう。その上で、このような計画を立てます。

6月 週5日、1km6分ペースで10kmを走る

7月 週5日、1km5分ペースで10kmを走る

8月 週5日、1km4分30秒ペースで15kmを走る

目標が困難であればある程、計画が必要になるのです。みなさんもただ目標を掲げるるのではなく、目標達成のための計画を立てましょう。

特に受験生は、いつまでになにをすべきかを考えてやる必要があります。計画の立て方がわからない!という受験生は、ぜひ我々にご相談ください。

 

A goal without a plan is just a wish.

ー 計画のない目標は、願望にすぎない。

 By アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

<バックナンバー>

【著者プロフィール】
丸山 由朗 ( MEDUCATEエグゼクティブ講師 )

上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒

大学在学中にブラジルへ留学し、その間にボリビア・ペルー・チリ・アルゼンチンを一人旅で巡った経験を持つ。現在、英語/世界史講師として活躍しているが、ポルトガル語の方が得意であるという噂がある。