この度は、MEDUCATEに入会したことで娘様の学習に対する意識が変わり、晴れて中学受験全勝を勝ち得た福元麻理恵様(株式会社サウンド東京 社長)にMEDUCATE主宰の細井自らインタビューを行わせていただきました。

関連記事:【第2弾】合格者の親御様へインタビュー

※娘様の具体的な進学先はプライバシーの観点より伏せさせていただきます。

集団塾ではなく家庭教師を選んだ理由

細井:福元社長よろしくお願いいたします。

福元:よろしくお願いいたします。

細井:今回娘さんのKちゃんは合格おめでとうございました。なんと小学6年生の夏からの中学受験決意で、受けた全ての中学校(5校中5校)に合格するという快挙となりました。偏差値で言えば6ヶ月で15以上伸びましたね。

福元:当初はどうなることかと思いましたが、MEDUCATEの明石先生、また細井先生のおかげで無事第一志望に合格できて大変感謝しております。

細井:元々はどういった経緯でMEDUCATEを知っていただけたのでしょうか。

福元:娘が、集団塾に馴染めずに、勉強に対する嫌悪感を抱いてしまい、中学受験自体をやめようかと八方塞がりで困っていた時に、東京美容外科の麻生院長にMEDUCATEを紹介いただきました。

細井:そうでしたね。当時のKちゃんは、集団塾で受け身の学習を主体としていました。勉強についていけない原因が、実は小3、4年の部分にあるにも関わらず、集団授業が進行してしまい、どんどん授業についていけなくなる。勉強を嫌いになる。塾に行きたくなくなる。という悪循環の真っ只中にいた印象でしたね。

福元:そうなんです。私も仕事が忙しいのに加え、妹もいるため、Kちゃんの勉強の面倒を全部見てあげることはできず、困り果てておりました。そこで紹介いただいたMEDUCATEの面談を受けてみることにしました。

細井:もうずいぶん昔のことのようですが、半年前くらいのことですよね。

福元:そうですね。そこで細井先生とお会いし、面談、講師マッチングを経て、明石先生に来ていただくようになりました。

わからないものが出来るようになる喜び

細井:明石講師が来るようになってからKちゃんはどう変わったでしょうか。

福元:明石先生は非常に優秀で、かつ、テンポよく指導してくださる先生で、苦手な分野は低学年から遡り、一から根気強く教えてくださいました。そして、わからないものが出来るようになる喜びを教えてくださいました。

細井:MEDUCATEの講師には常に、「生徒に小さな成功を何度も体験させるように」と言っています。まずは勉強ができるようになることが楽しい!と思ってくれないと子供は進んで勉強してくれませんからね。

福元:そうですね。勉強に対して前向きになれたことで、全てのことに対して明るく前向きになることもできました。

細井:確かに、先日お伺いした際に、Kちゃんの顔つきが違いました。初めて会った時は、自信がなさそうな印象でしたが、合格した後は、凛々しく、自身に溢れた表情になって、一回りもふた回りも大人になった印象を受けました。

福元:そう言ってもらえると嬉しいです。おそらく集団塾を続けていては、授業から取り残される一方で中学受験も諦めることになっていたと思います。MEDUCATEの先生方のおかげで、Kちゃんの人生が変わりました。

「医者になりたい」かは環境次第

細井:ところで、MEDUCATEは最終的に大学受験で医学部に合格出来る人材を育てている塾なのですが、Kちゃんは医者になりたいと思っているのですか?

福元:本人は特に医者になりたいとは言っていないのですが、私自身、医師の方々と仕事をすることも多く、Kちゃんが自分から医者になりたいと言ってほしいな、と思っています。その点については、MEDUCATEでは、現役の医師や、医学部生の方々とコミュニケーションをとる機会をたくさん与えてくれるので、刺激になってくれればと思っています。

細井:確かに、小学生のうちは、何が本当に自分のやりたいことかなんてわからないですよね。実際、医学部を目指すか、目指さないかというよりは、「医学部を経て医者になる」という選択肢があるということを早期から、現役の医師や、医学生が、直接子供に教えてあげることは非常に大事だと思います。

福元:それで子供が自分から「医者になりたい」と言ってくれれば言いわけですもんね。

細井:そうですね、自分もそう言ってもらえるように、医者としてもしっかり仕事をしていかなければならないなと感じています。あ、そう言えば、先日はバイオリンを教えていただきありがとうございました。

福元:いえいえ、細井先生も昔バイオリンを習っていただけあって、すぐに思い出していただけたようでよかったです。

(左から細井、福元社長、麻生院長)

細井:いや〜、楽器に触れたのは10年以上ぶりでしたので、心配でしたが、案外弾けるものですね。非常にいい経験ができました。バイオリンを弾く機会を作ってくださった東京美容外科の麻生院長にも感謝ですよね。良い思い出になりました。では最後に福元社長の会社であるサウンド東京について教えてください。

福元:サウンド東京には、プロの音楽家のほか、実力派DJ、ダンサー、マジシャンなど、多様な分野で活躍する世界的にも著名なパフォーマーが所属しています。小規模なパーティーへの演奏家派遣から、大型イベントプロデュースまで、SOUNDの力を最大限に活用したサービスを提供しております。

細井:福元社長ありがとうございました!MEDUCATEを今後もよろしくお願いいたします。

 

東京美容外科:https://www.tkc110.jp/

サウンド東京:http://www.soundtokyo.com/

ハイクラス家庭教師MEDUCATE:https://meducate.jp/

 

人気記事リンク
【全6回】現役医師兼プロ講師から見る医学部受験
現役医学部生50人に聞いた参考書ランキング【英単語帳編】
我が子に医学部受験という選択肢を与えるには?

 

 

 

 

相談toitel

toiform