こんにちは、エグゼクティブプロ講師の丸山です。

3月も残りわずかとなり、あと1週間もすれば予備校のクラス分けテストが行われ始め、いよいよ新シーズンの幕開けがやってきます。私たちMEDUCATEも、新たなる戦いに向けて準備している真っ只中です。

私たちの強みといえば、チーム教育や意識改革などがありますが、その中でも他社が真似できない圧倒的な強みとしてあるのが、最難関と呼ばれる国公立医学部に通う現役医学部生講師の豊富さです。

東京大学理科三類を筆頭に、東京医科歯科大学医学部、千葉大学医学部、慶応大学医学部が中心となり、筑波大学医学部、東京慈恵会医大医学部、順天堂大学医学部の講師も多く在籍しています。関東圏の最難関医学部は、ほぼ全てカバーしているんです。超優秀な講師の指導力とプロ講師陣の協力なバックアップが驚異的な医学部進学率に繋がっています。

関連記事:ビジネスジャーナルに掲載されました!医学部進学率76%の家庭教師!

 

さらに、彼らの多くは開成中、海城中、渋谷幕張中、桜蔭中、女子学院中、豊島岡中といった全国でも有数の難関中学出身なので、中学受験指導でも無類の強さを誇ります。(ちょっとセールストーク感が強くなってしましました、、、)

 

で、本題はここから。

 

実は私たちMEDUCATEは、大阪・京都など関西圏にも進出してるんです。

 

独自のネットワークから、京都大学医学部や大阪大学医学部といった関西の最難関医学部生講師もメンバーにどんどん加わっています。一部だけご紹介させていただくと、

江川 朗生 先生
(大阪大学医学部3年/洛南高卒)(画像クリックでプロフィールページへ)
中瀬 達也 先生
(大阪大学医学部3年/甲陽学院高卒)(画像クリックでプロフィールページへ)

 

二人とも関西有数の進学校から大阪大学医学部に進学した超優秀な現役医学部生です。

近頃、東京、千葉、神奈川、埼玉といった関東圏にとどまらず、全国の医学部志望のご家庭からお問い合わせをいただく機会が増えたので改めてお伝えしとおこうかなと。先日も大阪市内のご家庭が入会され、来週には京都のご家庭と面談予定です。

国公立医学部はもちろん、灘中も洛南中も東大寺学園中も甲陽学院中も神戸女学院中など難関中学受験もMEDUCATEにお任せください。豊富な講師陣から最適なマッチングで合格まで最短距離で導きます。

最近は、関東以外からの資料請求も多くいただいております。今パンフレット刷新中なので、新しくパンフレットができればよりMEDUCATEの魅力をお伝えできると思います。そして、ここだけの話ですが、都内に新しい拠点を構える準備も着々と進んでいます。

受験教育を通じて家庭に笑顔を”モットーに、真の教育を全国に広めていきましょう!

 

ランキング参加中! クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【著者プロフィール】

maruyama

丸山 由朗 ( MEDUCATEエグゼクティブ講師 )

上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒

 

大学在学中にブラジルへ留学し、その間に南米大陸を一人旅で巡った経験を持つ。現在、国語/世界史講師として活躍しているが、ポルトガル語も堪能である。また、古代中国に対する造詣も深い。

 

相談toitel

toiform