みなさん、ごきげんよう。数学講師の沖 元介です。

冬も本格化、コートにマフラー・手袋が必要な季節となりましたね。いかがお過ごしですか?

 

私は、職業柄、ここ数年はクリスマスも正月らしいことをした覚えも全くないのですが、世の中は年の瀬に向けて大忙し、今年1年の振り返りなどをしている人などを見ると、そんな季節かぁ〜と感じる次第です。・・・別に、良いんです!!イヴもクリスマスも朝から晩まで授業をしてるのは毎年のことですから!!街はカップルだらけでも、全然悔しくなんかないですから!!!(笑)

はい・・・。冗談はさておき、今回は前回のコラムで触れた、Rくんの後日談とちょっと嬉しい報告です。

名付けて、《Rくんの事件簿》(ノンフィクション)

 

あの日、沖の毎月の定期面談で大泣きしてしまったRくんからは、その後、毎日のようにお母様の携帯からラインで、その日勉強した分のノートの写真が送られてきています。

まだまだ正答率は、満足のいくものではないにしても、気持ちの面では『絶対に合格してやる!』『合格して、部活動にも励み、医学部を目指す!』との発言が生まれるようになりました。

 

 

そして、もう一つ。もっと驚くべき報告が。

 

Rくんの姉Sちゃん(都内私立中2年)までもが、

 

『理系に進学して、女医になる!』

と言い出しました!!!!

お父様お母様にとって、実際に医者になる・ならないはさておき、姉弟揃ってこのようなことを言い出すことに、とても感激していただいているのは言うまでもありません。なんと言っても、まだ中2と小6ですから。

 

子供たちの心このような革命を起こせるのは、

《実際の医師に会うことができる》

《実際に医学生から勉強を教えてもらうことができる》

 

という、MEDUCATEの最大の強みであります。

 

姉Sちゃんは、中学受験のころから、数学(算数)が大の苦手でしたので、年明けから、医学部受験を目指してまずは、第一歩を踏み出します。Rくんの受験が終わった3月に、姉弟まとめて、沖が中学数学の基礎をイチから叩き込むことになりました!

 

あらゆるニーズに対応し、オーダーメイドな授業を企画できるのも、MEDUCATEならでは。

 

今後ともイクラス家庭教師のMEDUCATE宜しくお願い致します!!

最後まで、目を通していただき、ありがとうございました。

 

MEDUCATEエグゼクティブ講師(数学)

okigen

沖 元介 ( GENSUKE OKI )

 

Tree 役員 兼 数学プロ講師

大妻中野中学高等学校 数学講師・早稲田塾 数学講師・増田塾 数学講師・Navio 数学講師 (植草学園 / 市立船橋高校 / 市立松戸高校)・個別教室のトライ 数学プロ講師

SBI大学院大学 経営管理研究科 アントレプレナー専攻 在学中

 

*数学講師として*

現場第一主義を貫き、都内の学校や塾で年間350日近く、数学を指導する。

 

*経営者として*

『MEDUCATE)』の運営管理に加え、新規事業『塾カフェ(Tree)』を展開する。

 

*生徒として*

大学院大学にて、MBA取得を目指す。『理想の教育とは何か?』を生徒目線で日々探求している。