こんにちは、美容外科・形成外科医 兼 ハイクラス家庭教師MEDUCATE代表の細井龍です。

なかなか衝撃的なニュースが飛び込んできましたね。

東京医大の女子一律減点!!!

東京医大、女子受験者を一律減点 受験者側に説明なし

「女性は大学卒業後に出産や子育てで、医師現場を離れるケースが多い。医師不足を解消するための暗黙の了解だった」(同大関係者)として、女子の合格者を全体の3割以下に抑える調整が行われてきたという。(一部抜粋/続きはリンクで)

これはさすがにフェアではない、、、

が、東京医大の言いたいこともわかる。

女医という職業

実際のところ、女医さんの存在はとても重要ですし、必要不可欠ですが、東京医大の言う通り、出産や子育てで現場を離れ、産休、育休、時短勤務になったり、フリーター医になる女医さんは一定数存在します。

しわ寄せは、残った男性ドクター・未婚女医ドクターに寄せられてしまい、労働環境や職場の雰囲気が悪化することは実際に起こっていることです。

当然ですが、一人の女医さんを優遇すれば、残りの全員の女医さんはその優遇措置にあやかろうとするわけで、結婚ラッシュ、出産ラッシュ、結果、職場離れの連鎖が起きるわけです。それを防ぐために、大病院では託児所を設けたり、様々な措置が取られていますが、女医さんとはいえ普通の人間ですから、楽に稼げるほうが幸せに決まってます。

男女比調整のための減点措置

こういった事態に対して、東京医大は女子を減点する措置を取ってしまったのですね。

3割女子というのは、個人的にはちょうどいい比率だと思いますが、最近は女子も医者を目指す子が増えているので、4~5割が女子になってしまうことを懸念したのでしょう。

また、東京医大は立地が良いので、女の子の家庭の親御さんは、娘を親元から離さずに通わせられる東京医大を選ぶことも多いことも原因と考えられます。

実際、MEDUCATEの医学部を目指す女子生徒にこの件に対する意見を聞いてみたところ、

ボーダーライン上に乗るから、女子への減点措置で落ちてしまうのであって、しっかりと男子も上回る点を取れば関係ない

と滅茶苦茶かっこいいことを言われてしまい、申し訳ない気持ちになりました笑

とは言え、何年も死ぬ思いで浪人している女子生徒からしたら溜まったものではないでしょう。せめて二次試験(面接・小論文)での冷遇措置にすればよかったものを、一次試験も減点してしまうとなると、証拠も残ってしまうので、あまりクレバーな選抜方法とは言えないですよね。

わがMEDUCATEの生徒のようにしっかり勉強して、大学の措置なんかに負けない実力を身に付けて欲しいと心から願うばかりです。

関連記事:【現役医師から見た】東京医科大学の不正入試問題【その1】
関連記事:東京医科大不正入試問題を大学側の視点から考える

 

ランキング参加中! クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

著者プロフィール】

MEDUCATE代表/形成外科医/マイナビ家庭教師医学部受験コース監修責任者

細井 龍

渋谷教育学園幕張高校−千葉大学医学部卒

千葉大学医学部在学中から医学部受験指導に携わり、他塾で全く結果の出なかった生徒を独自のメソッドを用いて医学部などの難関大に何十

人と送り込んできたカリスマ講師。某大手個人指導塾で最高ランクのプロ講師を務めてきた。

授業内容の濃さには他の講師とは一線を画すものがあり、情熱的でかつ理論的、効率的な授業を行う。精神論や脳科学的勉強法にも造詣が深く、具体的な勉強だけでなく、学習内容をどう効率的に自分の使える知識に昇華させるかを伝えることに重きを置いている。

医業の忙しさもあり、直接持てる生徒の数が限られてきたため、MEDUCATEを設立し、後進の育成と指導メソッドのマネジメントに従事し、他塾では行えない最高の教育環境を作り上げることを目指している。

2016年春よりマイナビ家庭教師医学部受験コースの監修責任者を務める。

相談toitel

toiform