こんにちは、エグゼクティブプロ講師の丸山です。

昨日も東京医科大不正入試問題について書きましたが、また新たな情報が出てきていたので続報を。

関連記事:東京医科大不正入試問題を大学側の視点から考える

 

いよいよ具体的なリストが出回っているようです。

東京医大「裏口入学リスト」入手…“かさ上げ”指示や幹部との血縁示す書き込みも

(中略)こうした“裏口入学リスト”は、大学幹部の指示のもと、長年にわたり作成されていたという。FNNが独自取材で入手したリストは、臼井前理事長が大学幹部だったころに作成されたものとみられ、17人の受験者の氏名が記されていた。(続きはリンクから)

この黒塗りのリストは、まるでニュースで目にする政治家の極秘文書のよう状態ですね。

◎○×で合格させる優先順位を付けていたということなので、やり方がシステム化されていて、長年こうしたことが行われていたことを感じさせます。

この件に関して、現役医師である代表の細井もちょうど昨日私見を述べています。ぜひそちらもお読みください。

(画像クリックでアメブロへジャンプ)

 

ランキング参加中! クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【著者プロフィール】

maruyama

丸山 由朗 ( MEDUCATEエグゼクティブプロ講師 )

上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒

 

大学在学中にブラジルへ留学し、その間に南米大陸を一人旅で巡った経験を持つ。現在、国語/世界史講師として活躍しているが、ポルトガル語も堪能である。また、古代中国に対する造詣も深い。

相談toitel

toiform