こんにちは、美容外科・形成外科医 兼 ハイクラス家庭教師MEDUCATE代表の細井龍です。

今回も、多浪が多浪たる理由について考えいきたいと思います。

関連記事:現役医師が考える多浪生が合格できない8つの理由【その1/基本計算能力、国語力が低い】
関連記事:現役医師が考える多浪生が合格できない8つの理由【その2−1/複数のタスクをこなすのが苦手】

多浪生の特徴

1. 基本計算能力・国語力が低い(=解く、読むスピードが遅い)
2. 複数のタスクをこなすのが苦手
3. 頑固で自分のやり方を変えない
4. 予備校に真面目に通うことで成績が伸びると思っている
5. 自分流の勉強を続け、他人との比較や客観的評価を嫌う
6. 自分ができないことを認めない
7. すぐに言い訳をする
8. 親が金持ちで甘い

 

頑固で自分のやり方を変えない

今回はこのポイントに関して指摘していこうと思います。

思考の柔軟性

さて、頑固で自分のやり方を変えないとはどういったものなのか、例を挙げてみましょう

・自分は見て覚えるタイプなので見て覚えます
・語呂合わせは苦手なので使いません
・自習室は個別ブースじゃないと集中できないんですよ
・音楽を聴いている方が集中できる気がします
・授業中は内職したくないです
・・・etc

こういった問題に対して何かアドバイスした際に、即座に言い訳する生徒に限って成績が伸びません。案の定、自分街道を突っ走ってしまい、不合格に突き進んでいきます。

大抵、少し話せば、その子が受かるか受からないかは判断できますが、そう言った「良いものを取り入れる思考の柔軟性も重要な判断要素になります。

現状、成績が上がっていないからこそ、生徒マターの要因を指摘しているのにも関わらず、それを素直に受け入れることができないのは非常に損をしていますよね。

もし、十分な成績が取れているのであれば、我々も本人のやり方を尊重しますし、偏差値70の生徒が上記のことを言っていても、誰も正すことはありません。

受験に限っては

成績をしっかり出している者が最も正しい

のです。

 アドバイスには意義がある

成績が出せている生徒は、自分なりに考察し、取捨選択し、その方法がベストと考えて行動しています。その自論に合理性があれば、講師側もそれを尊重しますし、応援もします。

しかし、生徒が間違った方法を実践し、成績が伸びていないにもかかわらず、生徒の意思を尊重して間違いを正さずに見守るのは、講師として不適切な対応であると言えるので、科学的に正しい方法を指摘しているのです。

ポイントは科学的に正しいというところです。講師が個人的に正しいと思っていることを押し付けるのでは、エゴの強制になります。それは合理的ではないので、しっかり成書に基づき、データが蓄積されている科学的に正しい勉強方法をアドバイスしています。

例えば上記の訴えについては

・自分は見て覚えるタイプなので見て覚えます
→見て覚えるのは科学的に非効率です。五感をすべて使いましょう。

・語呂合わせは苦手なので使いません
→語呂合わせは非常に暗記効率が良いと証明されています。毛嫌いせず積極的に採用しましょう。

・自習室は個別ブースじゃないと集中できないんですよ
→試験は個別ブースでは受けられません。普段から雑音に慣れておきましょう。

・音楽を聴いている方が集中できる気がします
→音楽を聴きながらだと学習効率が下がるという論文があります。

・授業中は内職したくないです
→上手く内職を活用しないと周りの人には勝てないですよ。

医者をやっていても思うのですが、先輩のアドバイスには必ず何かしらの意義があります一時的に「そのアドバイスは意味がないな」と思っても、それは自分の経験が浅かっただけだったんだと後から気付かされるのです。

講師からのアドバイスも必ずや意味のあるものですから、自分の考えやポリシーに固執せず、柔軟に取り入れていき、合格までの道筋を極力最短にしましょう。

勉強法などを詳しく知りたい方はMEDUCATEにご連絡くださいね。

 

関連記事:【医者が教える化学勉強法 vol.1】医学部化学攻略のポイント
関連記事:【医者が教える生物勉強法 vol.1】医学部生物の基本方針

 

ランキング参加中! クリックお願いしますm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

著者プロフィール】

MEDUCATE代表/形成外科医/マイナビ家庭教師医学部受験コース監修責任者

細井 龍

渋谷教育学園幕張高校−千葉大学医学部卒

千葉大学医学部在学中から医学部受験指導に携わり、他塾で全く結果の出なかった生徒を独自のメソッドを用いて医学部などの難関大に何十

人と送り込んできたカリスマ講師。某大手個人指導塾で最高ランクのプロ講師を務めてきた。

授業内容の濃さには他の講師とは一線を画すものがあり、情熱的でかつ理論的、効率的な授業を行う。精神論や脳科学的勉強法にも造詣が深く、具体的な勉強だけでなく、学習内容をどう効率的に自分の使える知識に昇華させるかを伝えることに重きを置いている。

医業の忙しさもあり、直接持てる生徒の数が限られてきたため、MEDUCATEを設立し、後進の育成と指導メソッドのマネジメントに従事し、他塾では行えない最高の教育環境を作り上げることを目指している。

2016年春よりマイナビ家庭教師医学部受験コースの監修責任者を務める。

相談toitel

toiform