こんにちわ。医師兼プロ講師、マイナビ家庭教師医学部コース監修を務めるMEDUCATE代表の細井龍です。

医者になってよかったですか?と言われてNOという医者は少ないと思います。そういう面では職業として非常に良い職業だと思います。世間では医者はお金持ちという認識があるのかもしれませんが、一概には言えません。

○ 医者の世界は治外法権?

医者の世界は非常に複雑な面が多く、真面目に医者をやる人の方があまり稼げず、一方で不真面目に医者をやる方が稼げてしまったりします。実際、自分の時間を患者のためにすべて捧げられるという医者は一部で、皆、家庭があったり、プライベートがあるわけで、仕事とプライベートの按配が大事になってくるわけです。

具体的に真面目に医者をやるというのは、内科・外科と言ったメジャー科に進み、大学病院やある程度大きな病院で常勤医として働いていくことです。反対に皮膚科、眼科、形成外科などマイナー科と言われる、そこまで忙しくない科に進み、開業医やアルバイト医としてやっていくのが後者です。

前者は、内科、外科など医療の主要な科なこともあり、命に関わる科がほとんどのため、休日であろうと担当患者が急変した場合は、病院に出向かなければなりません。ゆえに休日の確保が難しく、土日のアルバイトもあまりできません。また医者の世界というのは、労働基準法からは程遠い治外法権の世界ですので、残業や当直業務も多い割に、給料は芳しくない場合も多いです。

大抵、大学病院などは役職についてない人の場合は月20万程度、あるいは無給の場合もあり、週に1日バイトをする日をあてがってもらい、他の病院に行って外来や当直業務をすることで、生活費を稼ぎます。大学病院は雑用が多く、残業時間も多いため、中には、時給換算すると1千円を切っている人もいます。大学病院は症例数の面では魅力的で困難症例も多くやりがいには溢れているかもしれませんが、労働環境はあまり良くない職場と言えるでしょう。市中病院での勤務医の方が、待遇はいい場合がほとんどです。

○ 医者のアルバイト事情 

一方、医者アルバイトは相場で時給1万円前後です。専門的になればなるほど時給は上がっていきます。何科の先生でもできるバイトといえば、献血バイトや健診バイトですね。こういったものは採血や問診をただ機械的にこなすだけで、時給1万円程度発生します。また、AGA(男性型脱毛症)で悩む方の頭皮に注射を打つバイトもあります。これも10時〜19時の休憩1時間で日給が8万円といった相場です。大学病院で雑務に追われ、精神と体力を削って、働いても1か月で20万しかもらえないのに、3日間、適当に注射や問診をしているだけでも24万稼げてしまうのです。もちろん、やりがいはありません。

 

どちらも医師の仕事ですが、こんなにも違いがあるのですね。簡単に言うと、勤務医の収入はバイトの日数によって決まると言っても過言ではありません。やりがいを追い求めるのか。収入を追い求めるのか。バランス重視でいくのか。科の選択はライフスタイルに直結します。ただ興味があるからという理由で科を決められないのにはそういった裏事情があります。

 

<バックナンバー>

 

【著者プロフィール】

MEDUCATE代表/形成外科医/マイナビ家庭教師医学部受験コース監修責任者

細井龍

渋谷教育学園幕張高校−千葉大学医学部卒

千葉大学医学部在学中から医学部受験指導に携わり、他塾で全く結果の出なかった生徒を独自のメソッドを用いて医学部などの難関大に何十人と送り込んできたカリスマ講師。某大手個人指導塾で最高ランクのプロ講師を務めてきた。

授業内容の濃さには他の講師とは一線を画すものがあり、情熱的でかつ理論的、効率的な授業を行う。精神論や脳科学的勉強法にも造詣が深く、具体的な勉強だけでなく、学習内容をどう効率的に自分の使える知識に昇華させるかを伝えることに重きを置いている。

医業の忙しさもあり、直接持てる生徒の数が限られてきたため、MEDUCATEを設立し、後進の育成と指導メソッドのマネジメントに従事し、他塾では行えない最高の教育環境を作り上げることを目指している。

2016年春よりマイナビ家庭教師医学部受験コースの監修責任者を務める。