《合格者の声》

昨年、浪人が決まった際に自分の学習に何が足りなかったのか考えました。まず、一つ目は自分を律する力が十分でなかったことです。自分なりに必死に勉強はしていたつもりでしたが、結局、受験は相対評価なので、他の受験生と比べて量も質も圧倒的に学習しなければ医学部合格は不可能です。私は終始自分のペースで勉強してしまい、極限まで追い込む力が足りていませんでした。

二つ目は、勉強内容で遠回りをしてしまったことです。大手予備校の教材をベースに勉強していましたが、大手予備校の教材は網羅性が低く、それだけで医学部合格には不十分でした。予復習で手一杯になり、入試直前まで消化不良で終わりました。

そんな時にMEDUCATEと出会い、専任の医学生講師、プロ講師と共に浪人生活がスタートしました。

まず驚いたのは、学習内容を綿密に計画管理する点でした。春の時点で夏までの大まかな予定、目標偏差値が決定し、それに向けて逆算して計画を立てます。実施すべき参考書も推薦され、現役の時のように自分で参考書選びを迷ったり、無計画に学習することはなくなりました。

また、勉強法も大幅に修正されました。バツの付け方、暗記の仕方も一元化され正しい勉強法を仕込まれました。 授業ごとに確認テストがあり、自分が今まで見過ごしてきた穴を指摘されることでこれまで自分が雑な勉強をしてきていたことを痛感しました。浪人の間は精神的に辛くなる時期もありましたが、講師の先生方がチームでサポートしてくれるため、非常に心強かったです。

今年念願の国立医学部に合格できましたが、やはり、医学部に合格した人、医学部に生徒を合格させた人の後ろをついていくのが一番近道なのだと感じました。医学部合格を確実にしたい人、自分の勉強に不安がある人は、MEDUCATEに相談することを勧めます。みなさん頑張ってください。

相談toitel

toiform