MEDUCATEの可能性は無限大


活用例1:苦手科目特化型

苦手科目があると、その科目の勉強が後回しになり、さらに苦手になってしまう、これは誰もが経験する悪循環です。自分でやろうとしても、参考書や問題集の解説の理解に時間がかかってしまい、思うように進捗しないことがフラストレーションとなってしまうことも多いでしょう。その状況を放置してしまうと、全体の偏差値を引き下げてしまう足手まとい科目が完成されてしまいます。

MEDUCATEでは、あなたの苦手科目に対して、プロ講師による学習計画作成と、最優秀講師陣によるマンツーマン授業で、苦手意識を克服します。苦手を克服する第一歩目は、基本暗記事項を徹底的に叩き込むことです。一人では逃げてしまっていた暗記も、講師のサポートのもと、一緒にやれば辛さ半減です。

MEDUCATEでは、ハイレベルな指導と、充実した管理体制のもとで、あなたの苦手科目を得意科目にすることができます。もちろんまだ受験生でなくても、将来的な受験を見込んでの定期テスト対策や、模試対策も可能です。

活用例2:難関大/医学部総合型

週2回以上、3科目以上、MEDUCATEの授業を受ける場合、受験勉強全体をトータルでマネジメントします。科目間の学習バランス、問題集の選択、どの時期にどの科目をやるべきかなど、受験をプロ講師の目線から俯瞰して、本人に合ったオーダーメイドの計画管理をします。MEDUCATEにはこれまで合格を勝ち取ってきた先輩たちの膨大なデータがあり、そのデータと照合し、あなたに必要な学習内容を提案し、計画作成します。

また週2回以上の場合は、科目ごとに複数の講師をつけることも可能であり、多くの講師から刺激を受けることができます。MEDUCATEでは、生徒、家族、講師のコミュニケーションを大事にします。ご家庭でしか気付けない、生徒の様子などもあり、家族の方々にご協力をいただくこともあります。しっかりと生徒の状況を報告し合って、チームとして一丸となり目標達成に向けて進みます。

活用例3:予備校併用型

予備校の授業は講師本位に進行していくため、板書を写すだけで時間が過ぎ、受動的な学習になってしまうことが殆どです。「みんな通っているから、、」という集団心理を安心材料として大手予備校に通いたくなる気持ちは非常にわかります。しかし、自己管理が十分にできていない状態では予備校の授業だけで驚異的に成績を伸ばすことは難しいです。

予備校の授業だけで成績が伸びない、、けれど辞めたくはない。と悩んでいる方にはMEDUCATEとの併用を勧めます。予備校の授業の補習だけでなく、予備校で行ってくれない勉強法の学習や、計画管理などをMEDUCATEで行い、通っている予備校の学習効果も最大限発揮できるようにサポートします。

大手予備校では「夏期講習は10コマとらなければ落ちる」などと平然とアドバイスしてきます。さらに「過去の合格した先輩が10コマ受講している例」などを提示して不安感を煽ってきますが、完全なる営業です。受動的な学習をどんなに続けても成績はちっとも伸びません。MEDUCATEで正しい勉強法と計画管理、そして意識を高め、予備校の授業もさらに活用する術を身につけてください。

 

 

相談toitel

toiform