《合格者の声》

僕は、現役1浪目と大手の医学部コースに在籍していました。国立医学部を目指し、2浪目が決まったときに、医学部に通う友人から『医学部受験に精通した、俺が習っていたすごい先生がいる。』と、細井先生を紹介してもらいました。最初の面談の際に、初めて会ったときは正直怖かったです(笑)しかし、医学部受験についても医師としての生活についても詳しく教えてもらい、より一層、医師になりたいとの気持ちを強くしたのを覚えています。
その日に、『今年がラストチャンスだと思って、死ぬ気で勉強をしろ!』と喝を入れられました。

僕が、MEDUCATEで1番魅力的だと思ったのは、『計画の綿密さと管理体制』です。まず作成の段階で、どの時期までにどの問題集を何周する,そのためにはいつまでに1周目を終わらる必要があるから、1日に何題は最低ラインだといった感じで全科目全問題集の計画を組まれました。目の前で、実際に医学部に通っている先生と細井先生に理論的に組まれてしまったため、反論の余地はなく、納得せざるを得ませんでした。
そして、この計画が遂行できているかを毎授業でテストされ、月に1回のペースで実際に細井先生に確認してもらいました。この確認テストでは、常に『完璧』が追求されます。2浪目の勉強を行っているうちに、これまでの自分の勉強の甘さを痛感し、去年は落ちて当たり前だったな、と思いました。1年間、この計画と厳しいチェックテストに食らいつき、今では、何とか国立医学部に通うことができています。

MEDUCATEには、本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

 

 

相談toitel

toiform