ブログ

【古文攻略/NO.1】古文を学ぶ第一歩は?

fbdcecee018a57d2d0977cab44b19230_s

こんにちは、MEDUCATEエグゼクティブ講師の丸山です。

実は私、英語/世界史だけではなく、古文も教えています。冬がすごそこまで近づいてきている近頃は、むしろ、最近は英語/世界史よりも古文を教える機会が多いくらいです。

これまで数々の生徒に古文を指導してきましたが、”得意科目は古文です!”、”古文大好きです!”といった生徒に出会ったことはありません。古文を苦手にしている受験生がほとんどで、受験生になってから古文に取り組み、基礎の基礎からやることが多い科目です。

 

そこで今回から、古文を攻略する上でのポイントを説明してきたいと思います。

特に、

1)早稲田や上智、MARCHを目指す私立文系の高校2年生や、

2)センターおよび2次試験でも古文が必要な国公立志望の高校2年生は、

是非一読してくさい。

 

来年度の受験に向けて、ポイントを押さえて古文を勉強してましょう。

※医学部をはじめとする国公立理系の高校2年生は、まずは英語数学理科に取り組みましょう。

 

では、古文に取り組む上で、最も気をつけるべきことはなんでしょうか?

 

 

それは、「古文=現代語」という概念から離れることです。

現代語というのは、我々が普段使っている日本語のことを指します。古文は一見すると日本語なので、全く勉強しなくてもなんとなく読めてしまいます。しかし、設問で問われることの多くはこの”なんとなく”の部分なのです。

例えば、『あたらし』という古文単語があります。意味はわかりますか?

 

これを「新しい」という意味で考えてしまった時点で、間違いです。

 

『あたらし』は、「もったいない、惜しい」を表します。

※「新しい」は『あらたし』です。

 

古文を読む上で、重要古文単語は欠かすことはできません。

重要古文単語は、現代語と意味が異なるから、”重要”古文単語なのです。

重要古文単語を現代語的に解釈してはいけません。英語と同じように単語の意味には、注意を払わなければならないのです。

 

 

受験において必要な古文単語は、

1)センターレベルでおよそ300語、

2)MARCH上位〜早稲田・国公立2次レベルでは500〜600語です。

 

センター試験の大問3(古文)の問1に代表される傍線部和訳問題では、必ずといっていいほど重要古文単語が含まれていて、古文単語の意味で選択肢が絞ることができます、

読解の上でも、問題を解く上でも、重要古文単語は不可欠です。

 

まずは、古文=現代語という概念を捨てて、”なんとなく”古文を読むことをやめ、重要古文単語を学ぶことから始めましょう。

 

次回は、古典文法の基礎である動詞の活用についてお話しします。

 


【著者プロフィール】
丸山 由朗 ( MEDUCATEエグゼクティブ講師 )

上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒

大学在学中にブラジルへ留学し、その間にボリビア・ペルー・チリ・アルゼンチンを一人旅で巡った経験を持つ。現在、英語/世界史講師として活躍しているが、ポルトガル語の方が得意であるという噂がある。

 

関連記事

  1. 588488 【古文攻略/NO.3】規則動詞の活用

最新コラム

  1. 26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s
  2. 26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s
  3. 0bcf8955403596ac80277dc5803bbf72_s
  4. 7e6a1bfef1875aba3d1254a45742c474_s
  5. S__12836869
  6. 2cf9dc85fbe529d7c449d0ba54ac0296_s

代表 細井龍 オフィシャルブログ

プロ講師として医学部受験や勉強法から、現役医師(形成外科/美容外科)として美容医療についてまでMEDUCATEコラム以上に様々な話題を提供しています。

マイナビ家庭教師 医学部受験コース

MEDUCATEがメソッドを提供し、代表の細井が監修を務めています。
PAGE TOP